FC2ブログ
topimage

2019-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブティ教室のご案内 - 2019.07.01 Mon

ブティ教室「L'Atelier du Boutis 世田谷アトリエ教室」のご案内
右下の Read More をクリックしてください。
*この記事がトップになるように設定されています。最新記事はこの記事のあとにあります。

スポンサーサイト

どうやり過ごしてきたのかわからない4ヶ月、そしてピエルフ - 2019.03.11 Mon

前回の更新がいつだったかもわからないほど、めまぐるしい日々でした。
元旦に実家の母を福島から東京の自宅に連れてきて、脊椎専門科のある川崎の病院で圧迫骨折の診断を得て、1月5日に入院、月末に4時間半に及ぶ大手術をしました。
手術から1ヶ月後、自力で歩けるようになった母は、今月初めに世田谷区内の回復期リハビリテーション病棟のある病院に転院、福島の家に戻るべく、毎日励んでいます。
現在の病院は私の自宅から徒歩10分にあるので、2ヶ月間、定期券を買って片道1時間半かけて毎日通った川崎の病院よりずっと楽。ようやく余裕が出てきたかと思いきや、今月末には南フランスのピエルフ・デュ・ヴァールで開催されるブティの展示会に出展するので、その準備で以前にも増して目まぐるしい毎日です。
今月末に出展する南フランスの展示会は、こちら。

La 14 ème rencontre autour du boutis

いつか近いうちに出展する機会があればと思っていた展示会ですが、昨年の夏ごろに「ちょっと遊びに行こうかな」と今年の日程を問い合わせたところ、あれよあれよという間に出展することになり、さらには招待出展にもなってしまって...。
今回は実用的なバッグをふたつと、めがねケースを新作として持っていく予定です。

で、現在、フランス語で「作り方」を書くのに格闘中。さらに、締め切り迫る確定申告中。
母の病院、各地の教室とその準備、確定申告、展示会の準備、家事、フランス行きのごく普通の旅行の準備、美容院にも整体院にも行きたい、もしかしたら今月留守宅の実家に一度行っておかないといけないかも...と、書いているだけでお腹いっぱい。明らかに更新はさらに滞りますので、今から堂々と宣言させていただきます、ごめんなさい、次の更新はきっと来月です!

というわけで、次回はフランスのレポートができるといいなと思っています。

IMG_1967 (1)



やりかけがいっぱい - 2019.01.20 Sun

1月も終盤というのに、ようやく新年のご挨拶ができそうです。今年もどうぞご愛顧の程、よろしくお願いいたします。

さて、昨年最後の更新で母のことで大わらわな状態を書きましたが、結論から言えば、元日に母を東京のわが家に連れてきて、正月休み明けに脊椎専門科のある病院で診察してもらったところ、腰椎の圧迫骨折との診断で即入院、1月末の手術を待つ身の上となりました。
入院してしまえばこちらは楽、というわけでもなく、87歳にどうやってぼんやりさせずに入院生活を送ってもらうかが大きな課題。そのために、私は仕事の帰りに病院へ行くという毎日を送っています。本人は年齢の割に全身状態が良いのですが、起き上がって座っているのが苦痛。今の望みは「座ってパッチワークができるようになりたい」だそうです。がんばってもらいましょう!
というわけで、やりかけのものがいっぱい溜まっています。本当に針を持つ時間が取れない日々ですが、母のがんばりに負けずに、私もがんばります。

IMG_3096.jpg

受講されているみなさまへ。個人的なことで恐縮ですが... - 2018.12.11 Tue

個人的な事情で恐縮ですが、先週実家の母が急に歩けない状態になってしまい、教室の合間を縫って東京と福島を往復する日々です。
各教室の日程に変更はありませんが、急な教材のご要望にお応えできないことがあるかもしれません。教材のご希望は、いつもより少し早めにいただければと思います。
教室終了後に実家へ向かう場合が多いので、いつものようにゆっくりご相談を承れないこともあるかもしれませんが、わからないことや今後の作品製作の要望などがありましたら、変わらず遠慮なくおっしゃってください。できる限り対応させていただきます。
ご迷惑をおかけすることもあるかと思いますが、ご理解いただきたく存じます。
よろしくお願いいたします。

IMG_3013.jpg

ブティ boutis:ヒペリカムのフラットバッグ 完成 - 2018.11.09 Fri

FullSizeRender 6
高さ32(持ち手含まず)×幅34cm


ブティのバッグは何度作っても試行錯誤。接着キルト芯を使うかどうか、貼るならその厚さや密度をどう選択するか、そもそもそのバッグはどのように使われるか。完成したブティを前に考え始めると、なかなか仕立てに取りかかれません。よく夫に「ぼーっとして最近作業してないんじゃないの」と言われますが、頭の中で作業工程をシュミレーションする時間はとても大事です。

マチのないフラットなバッグですが、底部の左右でタックを取っているので、結構入ります。接着キルト芯はバイリーンの「片面接着キルト芯ソフト」を使いましたが、少し厚みが出すぎるので、接着後に表面の綿を薄く剥ぎ取っています。

背面はキルティング仕上げ。
最初に作った時は両面ともブティで、タックも控え目、キルト芯も貼らずに本当にシンプルなものでした。
FullSizeRender 9


内袋。表側の印象と違いすぎています😅
生徒さんたちに「リバーシブルでもいける」と言われましたが、見返し部分の寸法取りにちょっと失敗があって、やっぱりマトリョーシカにはおとなしくしていてもらおうと思います。
FullSizeRender 8


持ち手も悩みました。ショルダーにできる長さのものを選ぶことも選択肢に入っていたので、最後の最後まで判断を保留しました。結局前回と同じく、ウッディな持ち手にしました。タブが必要なので、作業がちょっと増えましたけど。

自分としてはまあまあ満足です。
さて、次の仕事にかかります!

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

profile

Hiromi Nakayama <hiromi at arielvoice>

Author:Hiromi Nakayama <hiromi at arielvoice>
フランスのキルト「ブティ」の作家・中山弘美
東京・世田谷区経堂のアトリエにてブティ教室をオープンしています。

NEW
*ブティ教室のご案内1*
世田谷アトリエ教室
(世田谷区経堂)
ブティのクラスを開講中です。
以下のクラスで、月1回と2回のコースを選べます。
第1・3水曜日10:30〜12:30
第2・4火曜日10:30〜12:30
第2・4火曜日13:30~15:30
詳しくはこちら→
お問い合わせはこちらから

メールタイトルがないと受信できません。
お名前を必ずご明記下さい。
返信が届かない場合はご面倒でもブログのコメント欄に非公開メッセージとしてご記入ください
満席の場合はキャンセル待ちになります。


*ブティ教室のご案内2*
産経学園 自由が丘校 
(東急東横線・大井町線
自由が丘駅 正面改札口左手
自由が丘東急ビル5階)
第4水曜日の13:00よりブティのクラスを開講中です。詳細はこちらをご覧ください→

*ブティ教室のご案内3*
産経学園 新百合ケ丘校
(川崎市・小田急線 新百合ケ丘駅すぐ エルミロード6階)
第2木曜日の13:00よりブティのクラスを開講中です。詳細はこちらをご覧ください→

*ブティ教室のご案内4*
仙川カルチャーセンター
(調布市・京王線 仙川駅すぐ)
第3木曜日の13:00よりブティのクラスを開講中です。詳細はこちらをご覧ください→

*ブティ教室のご案内5*
東急セミナーBE たまプラーザ校
(横浜市青葉区
田園都市線たまプラーザ駅
たまプラーザテラス内)
土曜日に2クラス開講中です
第1・第3土曜日の10:00〜と13:00〜にブティのクラスを開講中です。詳細はこちらをご覧ください→

テクニックや教室についての
お問い合わせはこちらから
メールタイトルがないと受信できません。
お名前を必ずご明記下さい。
Vous avez des questions? Cliquez ici s'il vous plaît.

calendar

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

translator

the latest entry

category

links

このブログをリンクに追加する

recommendation

recent comments

all archives

click for the list of all archives

monthly archives

visitors

Free counters!

search

RSS Link

access counter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。