FC2ブログ
topimage

2020-07

ブティ boutis :シルクのティッシュケース〜グレイ 完成/silk pouch~gray, for my mother-in-law : completion - 2015.04.21 Tue

今日は夫の母の90歳の誕生日。これからも元気に外出を楽しんでもらいたいので、お出かけのお伴になるティッシュケースを作ることに。なんとか完成させて、昨日発送しました。

soie1.jpg

soie2.jpg

soie3.jpg


裏面のコットンは薄いピンク色にしました。ピンクとグレーを組み合わせるのって結構好きかも。
ポケットには京都の「よーじや」の口紅おさえ紙をちょいと差し込んで。私の愛用品です。
かつては仕事で頻繁に通っていた京都ですが、最近は数年に一度行けばいいところ。京都に行く時に必ず立ち寄るのが、仏光寺通りのお香やの「香彩堂」のショウルーム(愛用のお香を100本単位でまとめ買いできます)と三十三間堂裏手の小さい漬物屋「十字屋」さん。次回は「よーじや」にも寄って在庫補充しなきゃ(京都駅でも買えますが…)。
そういえば、夫の母は京都生まれのハルビン育ち。京都の話でブログを終えるのもお祝いということで。

ブティ boutis :シルクのティッシュケース〜グレイ その2/silk pouch~gray, for my mother-in-law : in progress - 2015.04.13 Mon

寒いし、なにやら忙しいしでなかなか進みませんが、とりあえず詰め終わりました。これから仕立てに…入れるのかしら…?

soie_gray1.jpg

ブティ boutis :シルクのティッシュケース〜グレイ/silk pouch~gray, for my mother-in-law - 2015.03.31 Tue

東京は桜が満開です。まさに古今和歌集の在原業平の歌「世の中にたえて桜のなかりせば春の心はのどけからまし」な気持ちになる季節です。
そんな中、来月末の夫の母の90歳の誕生日に向けて、プレゼントにティッシュケースを作っています。
IMG_0939.jpg


布は、昨年のFrance Boutisのサロンで、私のブースの斜め前に出店していたシルクのブティの第一人者ドミニク・フェーヴ(Mme Dominique Fave)さんのところで購入したグレーのシルクです。

義母は昨年腰を痛めてちょっと入院しましたが、今は自力で出歩けるようになり、変わらず元気で頭脳明晰。私は90歳であんなふうにしっかり、はっきりしていられる自信はありません。

先週はお彼岸で帰省していたのですが、今週末も突発的な用事で帰省です。とにかくがんばって作らないと…。

ブティ boutis :シルクのティッシュケース/silk pouch for a pocketable kleenex - 2011.05.24 Tue

3月12日は母の誕生日で、毎年その1週間後に春の彼岸のお墓参りを兼ねて母の元に帰っています。今年は80歳、前もっていろいろと誕生日のお祝いを考えて、パッチワークのキットを買ったり、自作のものを作ったりしていました。
今年はその誕生日の前日にあの大地震です。お彼岸に帰るまでに間に合わせようと作っていたお祝いの作品も放ったらかしになってしまいました。
5月の連休に帰省する前になんとか仕上げたいと思って作業を再開しました。結局仕上げまでに3ヶ月もかかってしまったことになります。
今年の母の誕生祝いは、オリジナルのティッシュケース。以前コットン(キャンブリック)で作ったものと同じデザインですが、今回はシルクシャンタンを使ってちょっとゴージャスな感じです。糸はギッターマンのポリエステル100%を使っています。

1105tissue case1

1105tissue case2

1105tissue case3



2ヶ月も遅れてしまいましたが、母に喜んでもらえてよかったです。

ブティ boutis :ミニ・ティッシュケース3種 three pouchs for pocketable kleenex - 2011.01.13 Thu

新年が明けて、すでに半月経ってしまいました。今年もお時間のある時にブログを覗いていただければ幸いです。

さて、今年最初のエントリーは、レッスン用の「ティッシュケース」の見本3種類です。年末に図案を考えて、お正月中にステッチングし、一昨日ようやくすべて完成しました。
中央に写っている昨年作ったライトピンクのティッシュケースと同じ構造で、フラップ部分のデザインを変えています。

mini-kleenex cases1


レッスンでは、初回から順を追ってひとつひとつテクニックを習得していただいていますが、今回のテーマは「端の始末」。縫い代を三つ折りにして裏でまつる方法と、ブランケットステッチでかがった後に周囲をカットしていく方法の、どちらもこれから作品を作る上で必要なテクニックです。

テクニックの習得はもちろん大事ですが、何よりも作品作りを楽しんでいただきたいと思っています。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

profile

Hiromi Nakayama <hiromi at arielvoice>

Author:Hiromi Nakayama <hiromi at arielvoice>
フランスの伝統手芸「ブティ」の作家・中山弘美
東京・世田谷区経堂のアトリエにてブティ教室をオープンしています。

NEW
*ブティ教室のご案内1*
世田谷アトリエ教室
(世田谷区経堂)
ブティのクラスを開講中です。
以下のクラスで、月1回と2回のコースを選べます。
第1・3水曜日10:30〜12:30
第2・4火曜日10:30〜12:30
   (定員数変更のため満席)
第2・4火曜日13:30~15:30
   (定員数変更のため満席)
詳しくはこちら→
お問い合わせはこちらから

メールタイトルがないと受信できません。
お名前を必ずご明記下さい。
返信が届かない場合はご面倒でもブログのコメント欄に非公開メッセージとしてご記入ください
満席の場合はキャンセル待ちになります。


*ブティ教室のご案内2*
産経学園 自由が丘校 
(東急東横線・大井町線
自由が丘駅 正面改札口左手
自由が丘東急ビル5階)
第4水曜日の13:00よりブティのクラスを開講中です。詳細はこちらをご覧ください→

*ブティ教室のご案内3*
産経学園 新百合ケ丘校
(川崎市・小田急線 新百合ケ丘駅すぐ エルミロード6階)
第2木曜日の13:00よりブティのクラスを開講中です。詳細はこちらをご覧ください→

*ブティ教室のご案内4*
仙川カルチャーセンター
(調布市・京王線 仙川駅すぐ)
第3木曜日の13:00よりブティのクラスを開講中です。詳細はこちらをご覧ください→

*ブティ教室のご案内5*
東急セミナーBE たまプラーザ校
(横浜市青葉区
田園都市線たまプラーザ駅
たまプラーザテラス内)
土曜日に2クラス開講中です
第1・第3土曜日の10:00〜と13:00〜にブティのクラスを開講中です。詳細はこちらをご覧ください→

テクニックや教室についての
お問い合わせはこちらから
メールタイトルがないと受信できません。
お名前を必ずご明記下さい。
Vous avez des questions? Cliquez ici s'il vous plaît.

calendar

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

translator

the latest entry

category

links

このブログをリンクに追加する

recommendation

recent comments

all archives

click for the list of all archives

monthly archives

visitors

Free counters!

search

RSS Link

access counter