FC2ブログ
topimage

2018-12

Vanne と Toilette - 2012.06.25 Mon

昨日、"Petite Vanne Ancienne(小さなアンティークのキルティングされた掛け布団 )"についてのブログをアップしてすぐ、ヘザーからメールが届きました。彼女のメールによると、この作品について私たちのもうひとりの先生であるイザベルとやり取りをしていたところ、これは実際には"Toilette"で、フランス・ブティ協会が勘違いして作品タイトルを付けているのでは?ということでした。

"Toilette"は一般的なフランス語では「身づくろい、身支度、化粧、女性の装い、鏡台」などの意味ですが、原義は「洗面、化粧道具などを置くためにテーブルの上に敷いた”小さな布(toile)”」とあります。

フランシーヌ・ニコール著 ”Boutis des villes, boutis des champs”(私が持っているのは英語翻訳版の"The Embroidery of Boutis-Theart and Technique of a Provancal Treasure"です)によると、Vanne/Vaneはキルティングされた掛け布団(Courtepointe)で、形は正方形で大きさは1m50cm角、ベッド全体を覆うまではいかないサイズのものを指すとあります。
そして、69.5×53.5cmの長方形のこの作品は、"Vanne"というより"Toilette"と呼ぶ方が適切なのではないか、というのがイザベルの見解なのです。

DSCN3801.jpg


物事には例外がつきもので、私はこの長方形の作品も例外的な"Vanne"なのかと思っていましたが、化粧道具を置くためにテーブルに敷くものと聞いて腑に落ちました。用途が違えば仕上がりのイメージも変わり、仕上げ方もそれにふさわしいようにしたいと思っています。

私の乏しい知識を補って助けてくれるフランスの先生たちと同好の友人に恵まれて、つくづく幸せだと感じました。
Merci, Isabelle et Heather!

ブティ boutis : アンティークの小さな"vanne" Petite Vanne Ancienne - 2012.06.24 Sun

今月の始め、フロリダのヘザーから思いがけない贈り物が届きました。彼女は、先月フランス・ブティ協会のワークショップに参加したのですが、その際にアンティークのブティから復元した図案を自分と私に購入し、フロリダに帰宅してすぐに東京に送ってくれたのです。

DSCN3799_convert_20120624103907.jpg


17世紀末から18世紀初頭に作られた、小さな"vanne”("vane"と書かれることもあるプロヴァンス地方の用語で、一般的なフランス語では”courtepointe")、日本語に訳せば、“小さいキルティングされた掛け布団”です。本来は1.5m程度の正方形のものとされていますが、これは69.5×53.5cmの長方形(図案寸法)です。掛け布団にはなりそうにない大きさですね。

DSCN3798_convert_20120624103432.jpg


一昨年前にパリの布地店Reineで購入し、ひっそりと隠しておいたコットン・バティストcotton batisteを使う機会がようやく訪れました。

DSCN3797_convert_20120624103509.jpg


この図案を写したのは、実はもう2週間前のことです。(しつけ糸もきちんとかけて折り畳んでおいたので、折り目がついていますが、図案を写す時は、布にきちんとアイロンをあててからです)そもそも、自分で描いた図案ではないものを使うのは一体何年ぶりだろうかと考えてしまいました。多分、7年ぶりぐらい...? 自分の図案ではないというのは、写すのにとても気を遣うということに気がつきました。曲線ひとつ取っても「私の曲線モード」のような呼吸があって、誰かの呼吸で描いた曲線を写すのはなかなか大変です。写し終わった時には右腕がすっかり重くなっていました。

私はオリジナルの図案のままで、コットンバティストを使いましたが、ヘザーは、中心のモチーフを同じ時代の別のものにし、リネンバティストLinen batisteを使うつもりだそうです。同じ図案で趣の異なる作品が出来上がることになります。出来上がったら2つ並べて見てみたいです。

....といっても、出来上がりはいつ? ヘザーはあっという間に作り上げそうですが、私にはかなりの時間が必要だと思います、確実に、絶対に。

時々報告します。(鋭意努力...)

Thank you, Heather!!

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

profile

Hiromi Nakayama <hiromi at arielvoice>

Author:Hiromi Nakayama <hiromi at arielvoice>
フランスのキルト「ブティ」の作家・中山弘美
東京・世田谷区経堂のアトリエにてブティ教室をオープンしています。

NEW
*ブティ教室のご案内1*
世田谷アトリエ教室
(世田谷区経堂)
ブティのクラスを開講中です。
以下のクラスで、月1回と2回のコースを選べます。
第1・3水曜日10:30〜12:30
第2・4火曜日10:30〜12:30
第2・4火曜日13:30~15:30
詳しくはこちら→
お問い合わせはこちらから

メールタイトルがないと受信できません。
お名前を必ずご明記下さい。
返信が届かない場合はご面倒でもブログのコメント欄に非公開メッセージとしてご記入ください
満席の場合はキャンセル待ちになります。


*ブティ教室のご案内2*
産経学園 自由が丘校 
(東急東横線・大井町線
自由が丘駅 正面改札口左手
自由が丘東急ビル5階)
第4水曜日の13:00よりブティのクラスを開講中です。詳細はこちらをご覧ください→

*ブティ教室のご案内3*
産経学園 新百合ケ丘校
(川崎市・小田急線 新百合ケ丘駅すぐ エルミロード6階)
第2木曜日の13:00よりブティのクラスを開講中です。詳細はこちらをご覧ください→

*ブティ教室のご案内4*
仙川カルチャーセンター
(調布市・京王線 仙川駅すぐ)
第3木曜日の13:00よりブティのクラスを開講中です。詳細はこちらをご覧ください→

*ブティ教室のご案内5*
東急セミナーBE たまプラーザ校
(横浜市青葉区
田園都市線たまプラーザ駅
たまプラーザテラス内)
土曜日に2クラス開講中です
第1・第3土曜日の10:00〜と13:00〜にブティのクラスを開講中です。詳細はこちらをご覧ください→

テクニックや教室についての
お問い合わせはこちらから
メールタイトルがないと受信できません。
お名前を必ずご明記下さい。
Vous avez des questions? Cliquez ici s'il vous plaît.

calendar

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

translator

the latest entry

category

links

このブログをリンクに追加する

recommendation

recent comments

all archives

click for the list of all archives

monthly archives

visitors

Free counters!

search

RSS Link

access counter