FC2ブログ
topimage

2020-07

boutis ブティ:クッションカバー~完成  - 2008.08.21 Thu

thumb_1219279070.jpg
copyright (C) 2008 arielvoice
出来上がり寸法:41cm×41cm


中央のスクエアにピケ・ドゥ・マルセイユを配したクッションカバーが完成しました。
スクエア部分を完成させた時点では、スクエア内のスタッフィングをしていない部分に歪みや弛みはほとんどなかったのですが、抹茶色のフレームに縫い付けてているうちに、左上の部分に少し弛みが出てきてしまいました。スタッフィングしていない部分を埋め縫いする方も多いようですが、私は好きではないのでやりません…というか、埋め縫いに注ぐ熱意が全くない、というのが正直なところ(笑)。それよりも、細かいステッチングと無理のない丁寧なスタッフィングで、いかに歪みや弛みを生じさせないかという基本に注力するようにしています。

裏は中央にファスナーをつけました。表と裏を中表に縫い合わせて表に返し、形を整えた後に周囲から5mm内側を縫い、最後にコットンヤーンを4本通しました。玉縁のようになってアクセントになりました。

さて、逃げていても何も進んでいないことはわかっているので、放ったらかしにしている大きな作品に戻ります。

boutis ブティ:クッションカバー~ピケ・マルセイエ - 2008.08.18 Mon

お盆休みの帰省から戻りました。南東北の海岸沿いとはいえ、最近は日中30℃を越えるのも頻繁で、でも夜になるとさすがに凌ぎやすくなります。東京の熱帯夜に慣れた私だからでしょうか…。

さて、クッションカバーです。パッチワークのタペストリーを作っている母の傍らで、ここまで仕上げてきました。

thumb_1219051666.jpg

母にコットン100%のキルト芯を分けてもらい、単純な格子のピケ・マルセイエ(キルティング)にしました。あとは、後ろ布にファスナーをつけて、前後を縫い合わせます。

boutis ブティ:クッションカバー 仕立て始め - 2008.08.11 Mon

thumb_1218435299.jpg

周囲を抹茶色のキャンブリックで囲みました。この部分にキルト芯を入れて、ピケ・マルセイエ(キルティング)で仕上げようかと考えています。
ここから先は、お盆の帰省先の実家で。お盆が過ぎれば完成間近となるはず…きわめて疑わしい目標です。

boutis ブティ:クッションカバーのセンターモチーフ 完成 - 2008.08.10 Sun

仕事がイレギュラーに展開して慌てたり、出かけたり、暑かったりと、針仕事がとんと進まない毎日です(言い訳…)
長々と更新もしないでいる間に、ようやく仕上がりました。

thumb_1218359782.jpg

並行して縫っている大きい作品のセンターモチーフの一部なので、「こんな感じになるのね」と確認もできました。
あとはこれを中央にセッティングして、クッションカバーに仕立てます。どんな色の布を周囲に使うか、どのように周囲を作っていくか、これから考えます(計画性なし…)。

boutis ブティ:クッションカバーのセンター・モチーフ~ステッチング - 2008.07.21 Mon

忙しい時期を抜け出し、体調も戻ってきて、さて…と思ったら、猛暑の東京です。大きな作品は、どうも夏場は進みません。椅子に座って縫っていると膝にかかったりして、暑苦しくて仕方ありません。
というわけで、少しの間小さい作品に逃げることにしました(逃げてばっかり)。お盆には実家に帰るので、その時に母と一緒に針仕事をするために、持ち運びやすいサイズの作品を作り始めておこうと思っていたので、ちょうどです。
母はもっぱらパッチワークキルトですが、縫いながらああでもない、こうでもないと、どうでもいいことのおしゃべり。母と向かい合って針仕事をするこんな時間は、永遠に続くことではないので、できる時に大切にしたいと思っています。

クッションカバーがすり切れてきたので、ブティで新しいものをと思い立ちました。センター部分に正方形のブティを挟み込んで、周囲は色のある単色布で囲んで仕立てようかと考えています。

ちょうど半分ステッチングが終わったところです。

thumb_1216650834.jpg

クッションは長い間使っていると、すり切れたり消耗したりするので、トップ布はキャンブリック、裏布はシーチングにしました。いつもより厚めなので、縫い目が大きくなってしまいがちです。

thumb_1216651131.jpg

このモチーフは、大きな作品の中央の円内のデザイン。スタッフィングしてどうなるか、事前に見るためにも、最適な作業になります。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

profile

Hiromi Nakayama <hiromi at arielvoice>

Author:Hiromi Nakayama <hiromi at arielvoice>
フランスの伝統手芸「ブティ」の作家・中山弘美
東京・世田谷区経堂のアトリエにてブティ教室をオープンしています。

NEW
*ブティ教室のご案内1*
世田谷アトリエ教室
(世田谷区経堂)
ブティのクラスを開講中です。
以下のクラスで、月1回と2回のコースを選べます。
第1・3水曜日10:30〜12:30
第2・4火曜日10:30〜12:30
   (定員数変更のため満席)
第2・4火曜日13:30~15:30
   (定員数変更のため満席)
詳しくはこちら→
お問い合わせはこちらから

メールタイトルがないと受信できません。
お名前を必ずご明記下さい。
返信が届かない場合はご面倒でもブログのコメント欄に非公開メッセージとしてご記入ください
満席の場合はキャンセル待ちになります。


*ブティ教室のご案内2*
産経学園 自由が丘校 
(東急東横線・大井町線
自由が丘駅 正面改札口左手
自由が丘東急ビル5階)
第4水曜日の13:00よりブティのクラスを開講中です。詳細はこちらをご覧ください→

*ブティ教室のご案内3*
産経学園 新百合ケ丘校
(川崎市・小田急線 新百合ケ丘駅すぐ エルミロード6階)
第2木曜日の13:00よりブティのクラスを開講中です。詳細はこちらをご覧ください→

*ブティ教室のご案内4*
仙川カルチャーセンター
(調布市・京王線 仙川駅すぐ)
第3木曜日の13:00よりブティのクラスを開講中です。詳細はこちらをご覧ください→

*ブティ教室のご案内5*
東急セミナーBE たまプラーザ校
(横浜市青葉区
田園都市線たまプラーザ駅
たまプラーザテラス内)
土曜日に2クラス開講中です
第1・第3土曜日の10:00〜と13:00〜にブティのクラスを開講中です。詳細はこちらをご覧ください→

テクニックや教室についての
お問い合わせはこちらから
メールタイトルがないと受信できません。
お名前を必ずご明記下さい。
Vous avez des questions? Cliquez ici s'il vous plaît.

calendar

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

translator

the latest entry

category

links

このブログをリンクに追加する

recommendation

recent comments

all archives

click for the list of all archives

monthly archives

visitors

Free counters!

search

RSS Link

access counter