FC2ブログ
topimage

2010-01

ブティ boutis :single flower pochette-verdure - 2010.01.27 Wed

single_flower.jpg [click for large]

今年はブティでいろいろな小物を作ろうと思っています。小物といってもさまざまですが、生活の中で使える「実用品」といったところでしょうか。
まずは、母からもらったパターンでポーチを作り始めました。一輪の花とシャムロックだけの実にシンプルなデザインです。モチーフ自体が大きめで凝った部分もありませんが、作業しながら「"シンプル"ということは"簡単"ということではない」と改めて思ったりしています。

楽園:残念だったこと~東京国際キルトフェスティバル - 2010.01.17 Sun

昨日、東京国際キルトフェスティバルに行ってきました。25年来の友人くみちゃんとおねえさんのたかえちゃん、くみちゃんのお嬢さんで高校2年生のかなちゃんと一緒です。
[click for large]
DSCN2668_convert_20100117130737.jpg

「日本キルト大賞」で展示されるのは今年で3度目ですが、毎回展示については十分満足ということがありませんでした。ですから今回も「一体どんなことになっているだろう」と不安を抱えての入場。そしてその不安は的中しました。縦に3本、折り目がくっきりとついていて、よれよれの状態で展示されているのです…まずはびっくり、そして一瞬にして恥ずかしい思いに捕われてしまいました。

2次審査のために作品を送ったのは11月初旬でした。それはそれは気を遣って梱包したつもりです。その梱包を開けた段階ですでに折りたたみ線がついてしまっていたのかもしれません。円筒形に巻いて送れば良かったと後悔もしました。でも。それだけの問題ではないのではと疑いたくなるほど不本意な状態だったのです。入選のお知らせが来たのが11月下旬、それから展示までの2ヶ月近く折り畳まれて、まさか他の作品と重ねて置かれたのではないかと疑ってしまいました…まさかね…。キルティング作品よりも薄い繊細なブティです。折り目がついてしまった作品に、主催者側も無断でアイロンは当てられないでしょうから、せめて「どうしますか?」と連絡してほしかったと思うのはわがままかしら? もしあそこにスチームアイロンがあったら、セキュリティの係員に止められようとも当てていたと思います。

これからご覧になる方がいらしたら、本当にごめんなさい。ベストな状態でご覧いただけなくて本当に残念です。

くみちゃん、たかえちゃん、かなちゃんと4人で、『楽園』の前で立ち止まってくださる方々の会話に耳をそばだてていました。
「これ、ミシンよねえ」
「そうよ、ミシンよ」
「えっ! ちょっと、ここ見てよ」
「あら~、手縫いなの~!?」
「ミシン」と口にしなかった方はいらっしゃらなかったほど、皆さんミシンで縫ったものだとお思いになったようです。中にはブティにとても詳しくて、お連れの方に丁寧に解説されていた方もいらっしゃいましたが、逆に「あ、ミシンね」と言ってさっと立ち去る残念な方も。「作品の下に『ミシンじゃありません』って貼り紙しておこうよ」と4人で苦笑してしまいました。

ベストな状態の『楽園』は、このブログ上の画像で見ていただくしかない、というのが残念で仕方ありませんが、足をお運び下さった方、これからおいでいただく方、本当にありがとうございます。

DSCN2664.jpg

ブティ boutis :楽園~完成/東京国際キルトフェスティバル - 2010.01.15 Fri

今年も「東京国際キルトフェスティバル」が開幕しました。一昨年の『花のアドレス』、昨年のバッグ『草木花』に引続き、今年も「日本キルト大賞」の創作部門の入選作のひとつとして、『楽園』を東京ドームに展示していただいています。

花のアドレス』は『楽園』よりもコンパクトな作品でしたが、ブティを始めた頃の創作の勢いのようなものがあったような気がします。それと比べると、今回の『楽園』は、繊細になった代わりに落ち着きすぎたような気がするのが反省点でもあります。


[click for large]

DSCN2658_convert_20100115172135.jpg

DSCN2661_convert_20100115172321.jpg

出来上がり寸法 127×118cm

「ようやく終わった」というのが正直な感想です。作り終えた時よりも、フェスティバルでの展示が始まった今日の方が、「『楽園』完成!」という気分です。

東京国際キルトフェスティバル」は、本日より1月23日まで開催されています。東京ドームにおいでになるご予定がおありでしたら、「日本キルト大賞」の創作部門にてご覧いただければ幸いです。ご感想もぜひお寄せください。

New Year's resolution - 2010.01.08 Fri

あけましておめでとうございます。
例年通り、年末から母のところに戻りました。兄の家族も帰ってきて、(私にとっては)大人数の家事に振り回される年末年始。4日に東京に戻ってきてようやくほっとしましたが、帰れば帰るでバタバタと走り回る新年です。

兄たちが東京に戻って母と2人になってから、母に小物作りの相談をしました。母は小物の仕立てがとても上手く、パッチワークキルトでいつもささっと手早く作ってしまいます。今年はブティの小物作りに取り組もうと思っているので、小物をきれいに仕上げるコツなどをいろいろ教えてもらいました。
母が作った小物やテキスト本の仕立て図をメモに書き留めてきました。仕立て方法や図をハンド・ライティングで起こしておくと、構造をはっきり認識でき、実際に縫い始める時に考え込まずに始められます。さらに時折、テキスト本の仕立て図の間違いにも気がついてしまいます(笑)
newyear_plans.jpg

ついでにポーチのシンプルなモチーフのラフ・スケッチも少し。日当たりのいい温室のような部屋で、今年もがんばろうと鉛筆を握り直しました。
今年もよろしくお願いいたします。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

profile

Hiromi Nakayama <hiromi at arielvoice>

Author:Hiromi Nakayama <hiromi at arielvoice>
フランスの伝統手芸「ブティ」の作家・中山弘美
東京・世田谷区経堂のアトリエにてブティ教室をオープンしています。

NEW
*ブティ教室のご案内1*
世田谷アトリエ教室
(世田谷区経堂)
ブティのクラスを開講中です。
以下のクラスで、月1回と2回のコースを選べます。
第1・3水曜日10:30〜12:30
第2・4火曜日10:30〜12:30
   (定員数変更のため満席)
第2・4火曜日13:30~15:30
   (定員数変更のため満席)
詳しくはこちら→
お問い合わせはこちらから

メールタイトルがないと受信できません。
お名前を必ずご明記下さい。
返信が届かない場合はご面倒でもブログのコメント欄に非公開メッセージとしてご記入ください
満席の場合はキャンセル待ちになります。


*ブティ教室のご案内2*
産経学園 自由が丘校 
(東急東横線・大井町線
自由が丘駅 正面改札口左手
自由が丘東急ビル5階)
第4水曜日の13:00よりブティのクラスを開講中です。詳細はこちらをご覧ください→

*ブティ教室のご案内3*
産経学園 新百合ケ丘校
(川崎市・小田急線 新百合ケ丘駅すぐ エルミロード6階)
第2木曜日の13:00よりブティのクラスを開講中です。詳細はこちらをご覧ください→

*ブティ教室のご案内4*
仙川カルチャーセンター
(調布市・京王線 仙川駅すぐ)
第3木曜日の13:00よりブティのクラスを開講中です。詳細はこちらをご覧ください→

*ブティ教室のご案内5*
東急セミナーBE たまプラーザ校
(横浜市青葉区
田園都市線たまプラーザ駅
たまプラーザテラス内)
土曜日に2クラス開講中です
第1・第3土曜日の10:00〜と13:00〜にブティのクラスを開講中です。詳細はこちらをご覧ください→

テクニックや教室についての
お問い合わせはこちらから
メールタイトルがないと受信できません。
お名前を必ずご明記下さい。
Vous avez des questions? Cliquez ici s'il vous plaît.

calendar

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

translator

the latest entry

category

links

このブログをリンクに追加する

recommendation

recent comments

all archives

click for the list of all archives

monthly archives

visitors

Free counters!

search

RSS Link

access counter