FC2ブログ
topimage

2010-02

ブティ boutis :try again!-flower garden/le jardin des fleurs - 2010.02.26 Fri

以前作った作品に手を加えて再製作するということは、実に有意義なことだと実感しました。
先だってレッスンにいらっしゃった方は、独学でブティを手がけてこられたということだったので、ビギナー用の課題ではなく何か作りたいものがあればと伺ったところ、私がずいぶん前に製作したこのポーチを、というご要望でした。

flower_garden.jpg



これは以前も紹介しましたが、私がとある教室に通っていた時に課題として与えられたパターンに、自分でデザインしたブティを施したものです。師匠のニコルもこのパターンを気に入ってオリジナルのポーチを作っていますが、見た目よりも容量の大きい、使い勝手のいいポーチです。

当時作ったのは技術がまだまだ未熟な上に、ちょっと縫いにくいオフホワイトのコットンサテンを使ったものだったので、今回はキャンブリックで、さらにバーミセリの幅を2.5mmから4mmにし、モチーフに動きをつけるなど、デザインに少し手を加えて作り直してみました。

このポーチを仕立てるには、ブティだけではなく、キルティングのテクニックやバイアステープをとってパイピングするテクニックも必要です。同じ作品を再び製作することで、以前はどの部分の技術がどう足りなかったのかがわかり、仕上がりの張りと安定した成形に、ブティのテクニックが少し向上したかなと感じることができました。

いつも書いていますが、ブティは特殊な技術が必要な手芸ではありません。リズミカルに細かく丁寧にステッチすることと、慎重にコットンヤーンをスタッフィングすることだけといっても過言ではないかも知れません。そして最も必要なのは、出来上がりを信じて忍耐強く作り続けていく気持ちだと思います。

ブティ boutis :Our Hearts - 2010.02.17 Wed

昨年の秋、フロリダでブティ・サークルを運営しているヘザーが、来月13ー14日に南フランスのピエルフ・デュ・ヴァール(Pierrefeu du Var)で開催されるブティのショウへの参加を勧めてくれました。大型の作品の出品ではなく、ブティで作った小さいハート型の作品を会場の壁一面に展示し、最後に出品者全員で作品を交換する”Le mur d'amour de boutis (Wall of Love in Boutis)”という企画への出品です。
48948217_p.jpg


一緒にブティ作りをしているshinoさんとふたりで参加しようということになりました。昨日やっとお互いの作品を持ち寄れたので、早速ふたつのハートを撮影しました。[click for large]
two_hearts.jpg


shinoさんのハートは柔らかな黄色に菊花のモチーフ。表面はジャパネスクですが、裏面にソレイアード(Souleiado)のプリントを使い、日仏コラボレーションのハートです。
私はオーソドックスに白。『楽園』のセンターモチーフにも使ったつがいの鳥が花輪を作っています。

さあ、これからフランスへ発送です。どんな展示になるのでしょう。すでに100以上ものハートが集まっているそうです。そして私たちの手元にはどんなニューハートがやって来るでしょうか。交換会当日に会場へ行くニコルが私たちのニューハートを持ち帰ってくれることになりました。
Merci, Nicole et Heather!

ブティ boutis :petite flower pendant - 2010.02.12 Fri

今年は小物を作るとは言っていましたが、こんなに小さいものを作るとは、自分でもびっくり。
flower_pendant1.jpg


別のものを作った残りのキャンブリックを片付けようとした時に「こんなのがあってもかわいいかも」と急遽作り始めました。ペンダント以外に、ポーチに付けるファスナーのチャームとか小さな飾りとか、モチーフを変えていろいろ作れるかも知れません。
flower_pendant2.jpg
出来上がり寸法:最大直径3.5cm

ブティ boutis:single flower pochette-verdure   ~完成 - 2010.02.01 Mon

singleflower1.jpg


なかなか時間が取れなくて昨日ようやく仕立てましたが、まだまだこなれた感じがしません。

パターンは既存のものでも、ブティで仕立てるために仕様を変更してあります。このポーチの入れ口も、ごく普通の仕立てならバイアステープで包むところですが、5mm幅の直線にコットンヤーンを通し、内側にかがってから形の仕立てに入りました。

singleflower2.jpg

花のモチーフの位置も、中心ではなく少し入れ口側に寄せた方がきれいに見えることがわかりました。時間はかかりますが、ブティで実用品を作る時には、それぞれのパターンに合わせて試行錯誤することが必要だと思います。

singleflower3.jpg

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

profile

Hiromi Nakayama <hiromi at arielvoice>

Author:Hiromi Nakayama <hiromi at arielvoice>
フランスのキルト「ブティ」の作家・中山弘美
東京・世田谷区経堂のアトリエにてブティ教室をオープンしています。

NEW
*ブティ教室のご案内1*
世田谷アトリエ教室
(世田谷区経堂)
ブティのクラスを開講中です。
以下のクラスで、月1回と2回のコースを選べます。
第1・3水曜日10:30〜12:30
第2・4火曜日10:30〜12:30
第2・4火曜日13:30~15:30
詳しくはこちら→
お問い合わせはこちらから

メールタイトルがないと受信できません。
お名前を必ずご明記下さい。
返信が届かない場合はご面倒でもブログのコメント欄に非公開メッセージとしてご記入ください
満席の場合はキャンセル待ちになります。


*ブティ教室のご案内2*
産経学園 自由が丘校 
(東急東横線・大井町線
自由が丘駅 正面改札口左手
自由が丘東急ビル5階)
第4水曜日の13:00よりブティのクラスを開講中です。詳細はこちらをご覧ください→

*ブティ教室のご案内3*
産経学園 新百合ケ丘校
(川崎市・小田急線 新百合ケ丘駅すぐ エルミロード6階)
第2木曜日の13:00よりブティのクラスを開講中です。詳細はこちらをご覧ください→

*ブティ教室のご案内4*
仙川カルチャーセンター
(調布市・京王線 仙川駅すぐ)
第3木曜日の13:00よりブティのクラスを開講中です。詳細はこちらをご覧ください→

*ブティ教室のご案内5*
東急セミナーBE たまプラーザ校
(横浜市青葉区
田園都市線たまプラーザ駅
たまプラーザテラス内)
土曜日に2クラス開講中です
第1・第3土曜日の10:00〜と13:00〜にブティのクラスを開講中です。詳細はこちらをご覧ください→

テクニックや教室についての
お問い合わせはこちらから
メールタイトルがないと受信できません。
お名前を必ずご明記下さい。
Vous avez des questions? Cliquez ici s'il vous plaît.

calendar

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

translator

the latest entry

category

links

このブログをリンクに追加する

recommendation

recent comments

all archives

click for the list of all archives

monthly archives

visitors

Free counters!

search

RSS Link

access counter