FC2ブログ
topimage

2012-02

冬のバルーンバッグ balloon bag--in winter - 2012.02.27 Mon

季節に合ったものを作るためには、時機を逃さないことが肝要です。春向けのものなら今の季節から準備をして作り始めればいいのですが、毎日の生活の中でそんなにうまく事は運びません。

以前作った「バルーンバッグ」の冬ヴァージョンを作りたいとずっと考えていたところ、手芸店のはぎれセールのワゴンの中にかわいいウール布を見つけたので、今年こそはと決心して作り始めました。前回はコットンを使ったので手縫いで仕上げましたが、今回はとうとうミシンを出しました。久しぶりのミシンです。ミシンのテクニックは高校の家庭科の時から成長していません(笑)

balloonbag1_20120227115459.jpg



今回のチャレンジは持ち手。市販のではなく、自分で作ってみたいと思ったのです。革ひもを買ってきて、レザークラフト用の「菱目打ち」で縫い目を開けてみました。切りっぱなしの持ち手ですが、手作りの味わいがあるということで大目に見ていただければ…。
balloonbag2.jpg


持ち手もそうですが、内部のポケットも大きくし、数を増やしました。同じパターンのものを何度も作るというのは、仕様の変更にチャレンジできるということでもありますね。

暖かい感じの冬のバッグになったと思います。春が来る前にでき上がって、本当によかったです…。

ブティ boutis : バルーン・ポーチ balloon pouch for Pierrefeu - 2012.02.09 Thu

毎年3月に開催されている南フランスのピエルフ・デュ・ヴァール(Pierrefeu du Var)のブティ協会の展示会が、今年も開かれます。
pierrefeu.jpg

ここでは、ブティ制作者たちによる小作品の交換会が催されています。2年前には「ブティのハート」というテーマで作品が募集され、私も友人のShinoさんと参加し、フランスから交換されたハートが送られてきました。楽しい交換会です。2年前の作品はこちら→

さて、今年のテーマはポーチです。
詳細が発表になった頃、フランスの師匠のニコルがフロリダのヘザーに「応募要項を英訳してヒロミに送ってあげてね」と頼んでくれたのです。今年は事前のエントリーが必須だったので、フランス語で新たな手続きの詳細を読む手間が省けて大助かりでした。いつも助けてくれるニコルとヘザーに感謝しています。

以前、外国からのお客さまへのお土産にと和布で「風船袋」を作りましたが、今回はサイズを大きくし、さらにブティで仕上げました。布は以前にパリで購入したシルク・シャンタンの残り布です。
boutis×patchwork」で使った手法を生かして、10枚のピースを5種類の日本の伝統柄のブティで仕上げてつないでいます。

 Pierrefeu1

 Pierrefeu2


内部はくすんだグリーンの布で。これは私の好きな色で、愛用のストールもこんな色です。
 Pierrefeu3


底部。
 Pierrefeu4


ひも飾りは「チューリップ」です。
 Pierrefeu5


今回も誰の手に渡るのか、そして誰が作ったポーチが私の手元に届くのか、本当に楽しみです。Shinoさんのポーチの完成を待って、ピエルフに発送します。

風船袋のオリジナル型紙は『やさしい昔の針仕事』(日本ヴォーグ社)を使用。

作品展示中です - 2012.02.08 Wed

ブティのクラスを2つ担当している「東急セミナーBE たまプラーザ校」のフロントロビーで、私の作品を2点展示中です。→

ブティのクラスを開講中の「東急セミナーBEたまプラーザ校」と「NHK学園くにたちオープンスクール」では、恒常的にショーケースでジュエリートレイやティッシュケース、クッションなどを展示していますが、今回は大型の作品で、タペストリーの「楽園」(出来上がり寸法 127×118cm)と、梅花のテーブルランナー(出来上がり寸法 146.5×39.5cm)をご覧いただけます。

特に「楽園」は、これを出品した2010年1月の東京国際キルトフェスティバルの「日本キルト大賞」以来の展示なので、私自身も「お久しぶり~」という感じです。
今回は、至近距離で大きな作品をご覧いただける機会をいただきました。東急セミナーBE たまプラーザ校は、東急田園都市線たまプラーザ駅ビル内にあります。お近くの方はぜひ、ちょっと遠いかなという方もお天気のよい日にお気軽にお出かけいただければ幸いです。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

profile

Hiromi Nakayama <hiromi at arielvoice>

Author:Hiromi Nakayama <hiromi at arielvoice>
フランスの伝統手芸「ブティ」の作家・中山弘美
東京・世田谷区経堂のアトリエにてブティ教室をオープンしています。

NEW
*ブティ教室のご案内1*
世田谷アトリエ教室
(世田谷区経堂)
ブティのクラスを開講中です。
以下のクラスで、月1回と2回のコースを選べます。
第1・3水曜日10:30〜12:30
       (現在満席です)
第2・4火曜日10:30〜12:30
第2・4火曜日13:30~15:30
詳しくはこちら→
お問い合わせはこちらから

メールタイトルがないと受信できません。
お名前を必ずご明記下さい。
返信が届かない場合はご面倒でもブログのコメント欄に非公開メッセージとしてご記入ください
満席の場合はキャンセル待ちになります。


*ブティ教室のご案内2*
産経学園 自由が丘校 
(東急東横線・大井町線
自由が丘駅 正面改札口左手
自由が丘東急ビル5階)
第4水曜日の13:00よりブティのクラスを開講中です。詳細はこちらをご覧ください→

*ブティ教室のご案内3*
産経学園 新百合ケ丘校
(川崎市・小田急線 新百合ケ丘駅すぐ エルミロード6階)
第2木曜日の13:00よりブティのクラスを開講中です。詳細はこちらをご覧ください→

*ブティ教室のご案内4*
仙川カルチャーセンター
(調布市・京王線 仙川駅すぐ)
第3木曜日の13:00よりブティのクラスを開講中です。詳細はこちらをご覧ください→

*ブティ教室のご案内5*
東急セミナーBE たまプラーザ校
(横浜市青葉区
田園都市線たまプラーザ駅
たまプラーザテラス内)
土曜日に2クラス開講中です
第1・第3土曜日の10:00〜と13:00〜にブティのクラスを開講中です。詳細はこちらをご覧ください→

テクニックや教室についての
お問い合わせはこちらから
メールタイトルがないと受信できません。
お名前を必ずご明記下さい。
Vous avez des questions? Cliquez ici s'il vous plaît.

calendar

01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

translator

the latest entry

category

links

このブログをリンクに追加する

recommendation

recent comments

all archives

click for the list of all archives

monthly archives

visitors

Free counters!

search

RSS Link

access counter