FC2ブログ
topimage

2015-11

ブティ boutis:コットンヤーンのための巾着ポーチ draw string pouch - 2015.11.24 Tue

コットンヤーンを入れておく巾着型のポーチを作りました。
下北沢クラスの受講者さんからのリクエストで、最大の条件が「自立型」。口を絞るひもについては、「コットンヤーンを入れておくだけだから、単純にリボンで結べばいいや」と思っていたのに、「お出かけにも使いたい」「リボンで結ぶだけだと絞りが均等にならないから、絞りタイプにして」などと別のリクエストも聞こえ始めて、とうとうボタンホールを開けて、ちゃんとした巾着ポーチを作ることになりました。

最終完成形はこれ。
IMG_1168 (2)


サイドから。
IMG_1164.jpg


上から。絞ると花のようです。
IMG_1166 (1)


底はキルティング。
IMG_1157.jpg


仕立てる直前の全体像です。
IMG_1133 (1)


完成したものを教室でお披露目したら、人それぞれにこのポーチを活用したい用途があって、ひそかに「ふぅ〜ん」って思ったりしています。

ブティ boutis:5-day art challenge : Day-5 ブティ×something/combination of handicrafts - 2015.11.06 Fri

ひでこ先生から受け取った5-day art challengeのバトンも最終日。普段はこんなに頻繁にブログを更新しないので、なんとも落ち着かない気持ちで過ごしてきました。手芸系のブログを毎日更新している方もいらっしゃいますが、ぼんやりと過ごしている私とは人間の出来が違うのだと尊敬の念を抱くばかりです。

さて最終日は、ブティと他の手芸やクラフトとのマッチングです。折に触れて試してきたと偉そうに言いますが、単純に「他のこともやりたい」という欲求を満たすためです。

私の手芸始めは9歳の頃の編み物です。なんてったって最初は、かぎ針編みで昭和の香り漂うロングマフラーでしょう?そのあとは三角ストールやモチーフ編み、そしてセーター...私と同世代で同じ道をたどった記憶のある方も多いのではないでしょうか? 
ということで、肌寒くなると編み物がしたいんです。その欲求をとりあえず満たそうと考えたのがニットバッグです。
テキトーに編み図を考えましたが、ブティを縫い付けた部分は裏編みで仕上げてあります。裏編みは周囲のアラン模様よりも低く編み上がるので、その特性を生かしました。
(click for large)
knit bag1  knit bag2

内側はパッチワーク。やりたいこと満載ってことですね。
knit_bag3
ブティ×ニット:小さな手提げバッグ
knit × boutis:a small bag (2012)


母がパッチワークをやリ始めた15年ほど前、私も見よう見まねで始めたのですが、色合わせが勝負の手芸だと気づいた後はそれほど夢中にはなりませんでした。(母は84歳の今でも地元のサークルでパッチワークを続けています)それでも、ニットバッグの内側もそうですが、端切れがあると「繋いで活かしたい」と思ってしまいます。

ブティは刺しゅう枠に布を張るために布端を多くとります。そのために端切れが案外大きく出ることがあるのですが、それを活かしてみたいと思ったのがこれでした。お試しで作ったので、材料は100均のがま口キットです😊
型紙を適当に分割し、ブティで各ピースを作り、パッチワークしていくだけです。布が2枚なので、裏側の縫い代がかなりごちゃごちゃで、きれいには倒せません。
がま口2
ブティ×パッチワーク:がま口財布
boutis × patchwork:a clasp purse (2011)


そして最後にカルトナージュです。初めてやってみたのは2010年でした。楽しいけど散らかるなあ、って感じでしたが、きれいに仕上げるためのテクニックは奥深いと思いました。家にある厚紙で2作作ってから、キットを買って作った3作目がクリスマスローズをモチーフにしたラウンド型の箱でした。
cartonnage_noel.jpg
ブティ×カルトナージュ:クリスマスローズのラウンドボックス 
boutis × cartonnage:Christmas rose box (2010)

その後も時々作っています。箱の側面に刺しゅうしてあるのは「刺しゅうやりたい」欲求にかられてです。欲張りすぎていつまでも仕上がらないスパイラルに陥っています。
DSCN4045.jpgDSCN4046.jpg
ブティ×カルトナージュ:3つの長方形ボックス 
boutis × cartonnage:3 rectangle boxes (2013)


さて、
choisir! c'est l'eclair の elleccocoさんから
ひでこのStitchDiaryのひでこ先生に届いたバトンを受け取って、
20日ちょっとの間に5日間、3作品を基本に過去の作品を振り返ってみました。画像が見つからなくて探している最中に他の画像を見始めたりして、まあ、相変わらずトロトロでした。

私のバトンを受け取ってくださる方は、人形作家の浦野由美さんです。
実は私の教室に通ってくださっていて、人形のお衣裳にブティを取り入れる計画が着々と進んでいます。とにかく素晴らしい作品の数々です。そのプロフェッショナルな技術と美しさ、創作に向ける真摯な姿勢に感銘を受けています。
皆さんもぜひ浦野さんのブログ「Yumi Urano 幻想の庭」を訪ねてみてください。

お付き合い、ありがとうございました。今後はまたのんびりペースに戻ります。現在、次の新作が進行中です。できるだけ早くお見せできればいいなあと...でも、そろそろ編み物したいなあ...(笑)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

profile

Hiromi Nakayama <hiromi at arielvoice>

Author:Hiromi Nakayama <hiromi at arielvoice>
フランスのキルト「ブティ」の作家・中山弘美
東京・世田谷区経堂のアトリエにてブティ教室をオープンしています。

NEW
*ブティ教室のご案内1*
世田谷アトリエ教室
(世田谷区経堂)
ブティのクラスを開講中です。
以下のクラスで、月1回と2回のコースを選べます。
第1・3水曜日10:30〜12:30
第2・4火曜日10:30〜12:30
第2・4火曜日13:30~15:30
詳しくはこちら→
お問い合わせはこちらから

メールタイトルがないと受信できません。
お名前を必ずご明記下さい。
返信が届かない場合はご面倒でもブログのコメント欄に非公開メッセージとしてご記入ください
満席の場合はキャンセル待ちになります。


*ブティ教室のご案内2*
産経学園 自由が丘校 
(東急東横線・大井町線
自由が丘駅 正面改札口左手
自由が丘東急ビル5階)
第4水曜日の13:00よりブティのクラスを開講中です。詳細はこちらをご覧ください→

*ブティ教室のご案内3*
産経学園 新百合ケ丘校
(川崎市・小田急線 新百合ケ丘駅すぐ エルミロード6階)
第2木曜日の13:00よりブティのクラスを開講中です。詳細はこちらをご覧ください→

*ブティ教室のご案内4*
仙川カルチャーセンター
(調布市・京王線 仙川駅すぐ)
第3木曜日の13:00よりブティのクラスを開講中です。詳細はこちらをご覧ください→

*ブティ教室のご案内5*
東急セミナーBE たまプラーザ校
(横浜市青葉区
田園都市線たまプラーザ駅
たまプラーザテラス内)
土曜日に2クラス開講中です
第1・第3土曜日の10:00〜と13:00〜にブティのクラスを開講中です。詳細はこちらをご覧ください→

テクニックや教室についての
お問い合わせはこちらから
メールタイトルがないと受信できません。
お名前を必ずご明記下さい。
Vous avez des questions? Cliquez ici s'il vous plaît.

calendar

10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

translator

the latest entry

category

links

このブログをリンクに追加する

recommendation

recent comments

all archives

click for the list of all archives

monthly archives

visitors

Free counters!

search

RSS Link

access counter