FC2ブログ
topimage

2017-11

ブティ boutis: バッグ ”花のワルツ” Bag "Waltz of Flowers" - 2017.11.21 Tue

bag_a (1)
H30×W44×D15cm


新作のバッグがようやく完成しました。作品タイトルは「花のワルツ」です。
使用した布は、オカダヤのオリジナルブランドDaily Clothのソフトローン、縁取りのバイアステープはコットンこばやしのsweets forestシリーズの紺の小花柄プリントです。中央部のモチーフをブティで完成させたのちに、片面接着キルト芯を接着してブティの周囲をキルティングしました。持ち手はInazumaのYAR-48(紺)、ごく一般的な持ち手を縦に折って縫い合わせました。

こちらが反対面です。キルティングラインが格子柄になっています。これが、迷って生徒さんたちと散々相談して出した結論。ストライプ柄と比べると、格子柄の方がカジュアルなイメージです。キルティングラインだけでこんなに印象が変わります。
bag_a1 (1)


内側です。バッグを作るときのポリシーとして、内側は明るい色と決めています。
bag_i (1)


最初にイメージしていたよりもたっぷり入る大きさのバッグになりました。とても軽いです。
オカダヤのソフトローン、薄くて光沢があって織り目が詰まっていて縫いやすい。ここ何作か使っていますが、ブティにとても合う布だと思います。日本人好みの渋いスモーキーカラーが揃っています。

Sさんのミニタペストリー La petite tapisserie de Mme S. - 2017.11.14 Tue

経堂のアトリエ教室にいらしているSさんのミニタペストリーです。今日、完成しました。

IMG_2371 (3)


クッション用に作った「葵」の図案ですが、周囲にボーダーを追加して、ご希望のサイズになるように図案を作り直してお渡ししたものです。花の中央は、ロゼット・ドゥ・プチ・カマルグの糸かがり。
きれいに仕上げていただくと、デザインした甲斐があるなあとつくづく嬉しくなります。

ブティ boutis: 新しいバッグプロジェクト New bag project 4 - 2017.11.10 Fri

IMG_2356.jpg


もう少しなのに。バイアステープで縁取りして、持ち手をつけたら完成なのに。
年末に向かってすでに諸事のタイムリミットが見えてきて...。あ〜もう、遅々として進まない〜というか、取り掛かれない...。あ〜今夜ももう眠い〜...。

働きもの A Hard Worker - 2017.11.07 Tue

法事で奈良に行ったり、その前に名古屋、京都、大阪と遊んでしまったりで、作業がぱったり止まっているバッグ。進んでいないので画像を出すのも憚られる...ということで、今日は最近一番の働きもののショットで。パリのメルスリー、ボヌール・デ・ダム(Le Bonheur des dames)で何年か前に買ってきたマグネット針休めの鳥。
IMG_2289.jpg

仕事をしていない時でも小さなオブジェとしてかわいい。かわいいんだけど、針休めとしては案外イマイチだったりする。針が色んな方向に向いてくっつくので、取る時にちょっと面倒だし、羽根のくぼみに針がはまり込んでしまったりする。
これを買った時に、糸巻き型のマグネットも母のお土産に購入したんだけど、母はその使い勝手を大絶賛。「え〜、そんなに?」と思ったけど、確かに糸巻き型は使いやすいらしい。
ボヌール・デ・ダムのサイトから画像をお借りしてきました。
bobineb-v.jpg

真ん中に針が立ってくっつくので、取りやすいのだそう。
かわいいか、使いやすいか。いや、糸巻きもかわいいといえばかわいいけど、さらなる両立はないの? 

名古屋の手芸店 - 2017.11.03 Fri

先週末、夫の亡父の法事が奈良で行われました。せっかく新幹線で西に向かうなら、名古屋、大阪、京都に立ち寄って奈良に向かおうと思い立ちました。京都は友人に会うためだったので、京都駅構内の京都茶寮でお茶をいただいただけで街中には出ませんでしたが、名古屋と大阪はさしずめ手芸店クロール(英語で「はしごする」ことをクロールと言います)。

名古屋は新幹線を降りたらそのまま在来線で千種へ。大塚屋・車道本店をめざします。
IMG_2301.jpg


「大塚屋」は、大好きな手芸店です。地上4階/地下1階建てのビルの各フロアは決して広いというわけではないのですが、とにかく「欲しい!」と思うものが必ずあるのです。
日本ブランドの有輪(YUWA)、コットンこばやし、作家デザインのプリント布はもちろんのこと、Tilda(ティルダ)やFrouFrou(フルフル)、Mas' dOusvan(マドヴァン)、STOF(ストフ)など、ヨーロッパの布がとても充実しているのです。

今回はちょうどヨーロッパ布地フェア開催中。STOFもとてもお買い得なお値段で出ていました。
下の画像の2段目はSTOFのリネン「Manuscript」で、私もフランスで買ってきてショルダーバッグを作った布の色違いです。
IMG_2298.jpg


他にもインテリアにも使えるようなリネンが充実です。
IMG_2299-1.jpg


シルクシャンタンも手ごろなお値段で色も揃っています。
IMG_2300.jpg


大塚屋のバイヤーさんと私の好みが合っているんだろうなあ〜とうれしくなります。
布以外に糸や小物も十分に揃っています。名古屋へお出かけの予定のある方、お時間がありましたらぜひ。お勧めします。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

profile

Hiromi Nakayama <hiromi at arielvoice>

Author:Hiromi Nakayama <hiromi at arielvoice>
フランスのキルト「ブティ」の作家・中山弘美
東京・世田谷区経堂のアトリエにてブティ教室をオープンしています。

NEW
*ブティ教室のご案内1*
世田谷アトリエ教室
(世田谷区経堂)
ブティのクラスを開講中です。
以下のクラスで、月1回と2回のコースを選べます。
第1・3水曜日10:30〜12:30
第2・4火曜日10:30〜12:30
第2・4火曜日13:30~15:30
詳しくはこちら→
お問い合わせはこちらから

メールタイトルがないと受信できません。
お名前を必ずご明記下さい。
返信が届かない場合はご面倒でもブログのコメント欄に非公開メッセージとしてご記入ください
満席の場合はキャンセル待ちになります。


*ブティ教室のご案内2*
産経学園 自由が丘校 
(東急東横線・大井町線
自由が丘駅 正面改札口左手
自由が丘東急ビル5階)
第4水曜日の13:00よりブティのクラスを開講中です。詳細はこちらをご覧ください→

*ブティ教室のご案内3*
産経学園 新百合ケ丘校
(川崎市・小田急線 新百合ケ丘駅すぐ エルミロード6階)
第2木曜日の13:00よりブティのクラスを開講中です。詳細はこちらをご覧ください→

*ブティ教室のご案内4*
仙川カルチャーセンター
(調布市・京王線 仙川駅すぐ)
第3木曜日の13:00よりブティのクラスを開講中です。詳細はこちらをご覧ください→

*ブティ教室のご案内5*
東急セミナーBE たまプラーザ校
(横浜市青葉区
田園都市線たまプラーザ駅
たまプラーザテラス内)
土曜日に2クラス開講中です
第1・第3土曜日の10:00〜と13:00〜にブティのクラスを開講中です。詳細はこちらをご覧ください→

テクニックや教室についての
お問い合わせはこちらから
メールタイトルがないと受信できません。
お名前を必ずご明記下さい。
Vous avez des questions? Cliquez ici s'il vous plaît.

calendar

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

translator

the latest entry

category

links

このブログをリンクに追加する

recommendation

recent comments

all archives

click for the list of all archives

monthly archives

visitors

Free counters!

search

RSS Link

access counter